日本に古来より伝わる伝統技術。日本の風土と気候を熟知し、
歴史を超えて育んできた日本人の知恵の粋が日本建築です。
尾本住建が完全注文住宅で培った経験と日本建築の
伝統技術の両側面から考え、現代の技術と融合させた
進化した日本建築をご提案いたします。
リビングルーム大きな窓の向こうに設けたガーデンとの繋がりを意識して、リビングのフロアレベルは低めに設計しました。その分高さが増した吹き抜けには、堂々とした米松の梁を二本も渡し、開放感の中にも本物志向の落ち着きを醸し出しています。床には胡桃のムク材を使用。自然素材の豊かな表情が白い壁の魅力を柔らかに引き出し、ご家族の団らん空間を優しく包みます。
ダイニングルームリビングと高低差をつけて、リビングからの視線をさり気なくかわすダイニングスペースには、アイランド型キッチンを設置。作業スペースにゆとりがあるので、ご家族でのクッキングタイムも楽しめます。キッチン横に設けたパントリーからは、勝手口、洗面所、バスルームへとスムーズに移動できる動線をプランニング。家事を効率良くこなせるので、余暇をゆっくりお過ごしいただけます。
寝 室やすらぎの場所である寝室は、あまり大きな開口部を設けず、より良い睡眠をとっていただくことを心がけました。つい片づけが後回しになってしまいがちな部屋だけに、収納・くつろぎスペースとして約3畳のウォークインクロゼットやサブルームをご用意。トータルで居心地の良い空間を演出します。壁面は他の部屋と同じく職人がコテで仕上げた珪藻土塗りで、就寝中も健康環境を保ちます。
和 室竿天井、床の間、広縁など、伝統のしつらいや和の約束事を守りつつ、モダンテイストを随所に盛り込みました。柱は尾本自慢の6寸檜。地域の気候風土になじみやすい四国・高知産のものを厳選して使用しています。欄間や障子の細工はすべて、尾本住建の専属大工による匠の技で仕上げるため、施主様のお好みに応じてオリジナルの意匠を創造することが可能です。
階 段玄関ドアの正面に配した階段は、採光に配慮したオープンタイプ。柔らかな自然光はもちろん、窓から見える木々の緑が、お客様や帰宅されるご家族を優しく迎えてくれます。階段下の床は、屋外の坪庭が美しく見えるようにステップを設けました。ドアを開けた時に見える「景色」をイメージしながら、植える草花を選ぶのも「マイホーム」ならではの喜びです。

トイレお客様のご利用もある1階トイレは、ブロックガラスを大胆に使用し、明るく清潔感に満ちた空間をご用意しました。洗面台の前に配した鏡で、身だしなみのチェックにも便利にお使いいただけます。また、インテリア性の高さにもこだわり、操作ボタン類はパネルにまとめて収納ユニットにはめ込むタイプのものを採用。リゾートホテルの設備のような、洗練された印象に仕上げています。
2F和室寝室の一部に設けたサブルームは、くつろぎ感を重視して和の空間をご提案。傾斜天井や専用のバルコニー、あたたかな色合いの琉球畳など、細やかなこだわりの積み重ねが「大人の隠れ家」的雰囲気を演出します。趣味に没頭したり、コタツで和んだり、スタイリッシュな1階リビングとはまた違ったプライベートな時間をお楽しみください。
  ウッドデッキ建物の側面にまで続く路地風のウッドデッキは、正面に外観のアクセントにもなる大壁を設けました。ご近所とプライバシーを尊重しあいながら、洗濯干しなど毎日の家事から、ガーデンで楽しむバーベキューの準備スペースまで、幅広く活用していただけます。どこか別荘風な風情を感じさせるダイナミックな梁使いは、木にこだわる尾本住建ならではのデザインです。   エントランス住む人のゆとりを感じさせる、ゆとりのエントランス。自然光がたっぷりと射しこむ穏やかな雰囲気の中にも、天井とポーチに配した黒が品格を添えています。「住まいの顔」としていつも美しさを保っていただけるよう、収納家具でお客様とご家族のスペースを区分しました。ご家族用のスペースには大容量の靴箱と高さのあるクロゼットをご用意。スポーツ用品などもスッキリと収納できます。  
 

大きな地図で見る