構造にも意匠にも上質を極めて大胆に、繊細につくりあげたこだわりの家 徳島県/K様邸
のどかな風景にしっくり馴染んで佇まうK邸。いぶし銀の淡路瓦、白壁に腰板、焼杉の縁側、銅葺きの小庇、端正な格子戸など、伝統の作法が完成度の高い外観をつくりあげています。
(1/3)
 

広さ26畳、梁下高3m30cm、圧倒的なスケールのK邸リビング。柱はヒノキ、床はサクラ、壁はスギ。梁に使われた末口480mm、最大径800mmの米松はもう手に入るかどうかわからないほどの希少品です。これだけの素材が揃うのも尾本住建ならでは。

玄関には上部の格子を通して、越屋根からの光が届きます。天井の細工は施主のこだわりの一つ、屋根の垂木からの連続性を大切にされたそうです。

ヒノキをふんだんに使って仕上げられてふた間続きの和室には、書院をご提案しました。雪見障子を引き上げれば、ぐるりをとりまく廊下越しに、庭の眺めが楽しめます。

和室の障子をフルオープンにすれば、ヒノキの4寸柱がひと際美しく頼もしく空間を支えます。玄関から和室まで見事なほど場がつながり、家中に木の清々しさと陽射しがあふれています。