すべては施主様の望む 安心と安全のために。
ハイベストウッドの耐震実験(イメージ) 基礎と構造は、住宅の安全性を決める重要なポイント。当社で手がける住宅ではすべての柱をヒノキの4寸柱(120mm角)とし、ベタ基礎(基礎幅150mm・鉄筋径13mm・200×200ピッチ※土間は150×150ピッチ)や耐震金物(ホールダウン金物等)など公庫基準を上回る独自基準を採用。見るからに頼もしい骨太な構造躯体が、住まいへの安心と信頼をもたらします。この安心への追求は県内でも当社がいち早く取り組んできたと自負しており、事実これまでに志を同じくする工務店による現場の視察も数多く受け入れてきました。そしてさらなる安心感を求める方には、優れた構造強度と耐久性を誇る構造用ハイベストウッド(国土交通大臣認定)を耐力壁に使用するなど、ご希望に応じたカスタマイズも可能となっています。
※ハイベストウッドはオプションです。
※仕様・予算等によって変更することがあります。