尾本住建は、“木で家を建てること”にこだわります。
山地の多い国に住む日本人にとって、
木は最も身近な建材として暮らしを支え続けてきました。
木の家、とりわけ無垢材を使った家は
しなやかな強さと快適な生活空間を兼ね備え、
またその特性を最大限に引き出すべく
大工たちが研鑽してきた様々な技術は、
今の世にもしっかりと伝えられています。
木で家を建てること、それは心地良い生活の場を提供するとともに、
自然と共存してきた日本の文化を引き継ぐこと。
だから私たちは、木の家にこだわります。